無印良品の商品が好きで良く買いに行くという方は多いでしょう。

無印良品はシンプルな商品が多く、あらゆる場面で使える商品が多くあるため生活用品や洋服、スキンケアまで根強い人気があります。

その中でも今注目を集めているのが無印の導入液です。

無印の導入液は売り切れが続出しているという噂がありますが、本当なのでしょうか。

無印の導入液のゲットの仕方や使い方などをチェックしていきましょう。

無印の導入液は売り切れ続出!?どこで買える?

無印のスキンケアアイテムはたびたび話題となりそのたびにネットを中心に売り切れになることがあります。

敏感肌でも使えるアイテムがあったりボディにも使えるアイテムがあったりと、SNSや雑誌で取り上げられるとすぐに売り切れになってしまうんですよね。

無印の導入液も現在話題の中心にあるアイテムであり、無印の公式サイトをチェックしてみると売り切れと表示されているアイテムがあります。

無印の導入液は“導入化粧液”という名称で、200ml、400ml、50mlの3種類が販売されています。

私が確認した際は、売り切れとなっているのは400mlの大容量サイズのものでした。

通販サイトの方が売り切れになることの方が多いため、ネットでは売り切れでも店頭に行ってみると案外買えたという声もあります。

無印の商品は無印良品の店頭、または公式オンラインサイトから購入することができます。

売り切れが続出している商品だと必ずと言っていいほどフリマサイトやオークションサイトで出品されています。

しかしそうしたサイトで購入する場合は価格が高騰していることが多いため、その点は注意して購入するようにしましょう。

ちなみに導入化粧液の価格は、
●導入化粧液200ml 1290円(税込み)
●導入化粧液400ml 2290円(税込み)
●導入化粧液50ml 390円(税込み)

となっているので、公式サイト以外で購入する場合は定価と比べてから購入するようにした方が良いでしょう。

無印の導入液はどう使うの?

導入液を使ったことがある方もいればこれから初めて使うという方もいるでしょう。

導入液は化粧水の前に使うアイテムですが、最近では様々な形態のものが販売されています。

無印から販売されている導入液はシンプルな導入液なので、使い方も難しいことはありません。

洗顔の後に、適量を手やコットンにとって顔や身体に馴染ませて完了です。

その後に化粧水を使用することで美肌成分を浸透しやすくするプレ化粧水という位置づけになります。

無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーと肌に優しい成分で作られていることも人気の秘訣と言えるでしょう。

化粧水の浸透がイマイチと感じている方や肌の乾燥が気になる方は手軽に買える無印の導入液で、化粧水の浸透力を再確認してみてはいかがでしょうか。

無印の導入液の使用者の口コミは?

売り切れとなるほど人気のある無印の導入液。

その導入液の使用感、気になりますよね!

では無印の導入液を使用している方の口コミもチェックしておきましょう。

◎お風呂上りに使用すると肌が柔らかくなって浸透しやすくなった
◎面倒くさがりな自分でもササっと簡単に使えるので良い
◎導入化粧液を塗るのと塗らないのとでは肌の状態が違う!
◎ずっと品切れしていてやっと変えた!肌が柔らかくなり化粧水がよく入る
◎翌日の朝の肌が全然違う!
◎お風呂上りに使うと顔のつっぱりが軽減される
◎化粧水の浸透力が良い

こうして使用者の口コミを見てみると、肌の状態の変化を実感している声が多いことがわかりますよね。

“品切れしていたがやっと買えた”という声があるように、やはりいつ売り切れになるのかはわからない状態がまだ続いていることもわかりますね。

無印に立ち寄る機会がある方は導入液を見つけたらこれは迷わずゲットしておいた方が良いかもしれません。

3つの容量から選ぶことができるので、自分が使えそうなサイズのものをチョイスしてみてくださいね。